クレカを作成しよう

会社設立に際してはクレジットカードを作成しよう

会社設立に際して重要な問題になるのが収支管理です。特に、支出の管理は漏れなく行う必要があり、杜撰な支出の管理をすると、帳簿上は現金があるのに実際はなく資金繰りに窮するということになってしまいます。そのため、会社設立後の支出は全て管理しておく必要がありますが、全ての支出を人力で管理するのは非常に手間がかかり、そのための人件費がかかることになります。よって、支出を漏らさずに集計してくれ、しかもその費用が安いサービスは企業にとって非常に魅力的ですが、それを叶える方法の一つが法人向けのクレジットカードを発行することです。一般的には、クレジットカードは個人が使うものとして認識している人が多いでしょうが、法人向けのものも存在しており、非常に魅力的な特典が用意されています。

法人向けのクレジットカードを利用する魅力として、カードを利用した支出は全て明細上に反映されるため、会社の人間が支出管理をする必要がなくなり、その費用も年会費の分だけで済むことが挙げられます。また、従業員に法人向けのクレジットカードを渡しておくことで、支出の立て替えをする手間を省けるメリットもあります。さらに、個人向けのものと同様に利用金額に応じてポイントが付与されるものもあり、単なる支出で少しではありますが収入を生むことになります。具体的には、カードによっては、出張で従業員が頻繁に飛行機に乗る企業であればマイルが貯まることで旅費を削減することが可能になりますし、社用車が多くガソリン代がかさむ企業であれば、キャッシュバックを受けることができます。

これらのように、法人向けのクレジットカードを作成する魅力は多くありますが、どの企業であっても発行可能な訳ではありません。まず、会社設立後ある程度の期間が経っていることで発行してもらい易くなります。カードを発行する立場になれば、会社設立直後で、今後の見通しが全く分からない企業よりは、会社設立後数年は経っている企業の方が、倒産することで貸倒となってしまうリスクが少ないので当然の条件と言えます。もちろん、会社設立直後であっても法人向けクレジットカードを発行してもらえる場合もありますが、その可能性は高くはないでしょう。これに関連して経営成績が財政状態が悪ければ、発行してもらえる可能性は下がります。つまり、赤字続きの企業であれば倒産のリスクも高くなるため、やはり発行してもらいずらいでしょう。また、通常のクレジットカードと同様に申請する際に電話番号が必要となるため、企業独自の電話を保有しておく必要があります。