設立で経費を増やす

会社設立をすれば経費を増やせます

会社設立をするメリットの一つが経費を増やせることです。同じような経営を行っていても個人事業主よりも増やすことができるために、税金対策を行うことができます。これが最も大きなメリットだと言えるでしょう。
税金は、売り上げや収益と言った収入に対して発生するのではなくて、そこからいろいろな経費を差し引いた利益に対して発生します。そのため、利益を小さくできれば税金を安くできるというメリットがあります。

具体的に少しずつ見ていくことにしましょう。個人事業主として営業をしている人の場合、自宅ですべての経営を行っているケースが多いでしょう。会社設立の時にはコストを削減するために自宅をオフィスにするといったことはごく一般的に行われています。
この場合、会社が自宅を借りるという形をとることができます。会社が自宅を借りれば賃料が発生し、その賃料は個人に対して支払われます。もちろん、これも経費として扱うことができますから、会社としては税金を安くできるというメリットがあります。

そして、個人に対しては賃料収入を得られると言うことになります。賃料収入を得ることができれば、それによって所得が発生しますから、個人に対しては税金が上がることも想定されますから、バランスをとることは大事です。
会社設立をするときには、登記費用やオフィスを用意するための費用などいろいろなものがかかります。登記をした後にはすでに会社設立は完了していますから、その後に発生した費用はすべて経費として認められます。実際に営業を開始する前にかかったものは開業費として計上できます。

登記をする前からいろいろな準備を行わなければなりませんが、そのためにも費用はかかるでしょう。これらは創業費として計上することが認められています。開業費も創業費も繰延資産として認められますから、過年度に渡って税金対策に用いることができます。

会社設立をすることによっていろいろな経費がかかりますから、これらをうまく使って行くと最初の数年は利益が小さい会社を作ることができるでしょう。利益が小さければ税金も安くなります。当初の数年間はいろいろな費用がかかるために、赤字にできる場合もあります。
赤字になっても法人住民税の7万円は支払わなければなりませんが、所得税はかかりませんから、税金対策としては優れています。個人事業主にとって、税金を安くできるというメリットは非常に大きいでしょう。